読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡人営業マン日記。~トップ営業マンへの道のり~

トップ営業マンを目指す凡人営業マンが日々の学びをアウトプットしていきます。

1人ロープレ

こんばんは。

 

 

昨日は、家の中で一人で商談のロープレを行い、

自分でフィードバックをするという気持ち悪いことをしていました。

 

 

当然相手はいないことからニーズが出てこないため、

①いかに商品の説明をわかりやすく話せるか、

②どの場面で相手(※適当な医院を見つけて行いました)の興味がありそうな話のフックを入れるか、

ということを意識してロープレを行いました。

 

②に関しては、どの場面で興味がありそうな話をぶっ込めるかどうか確認程度なので、売ろうとして無理やり物故んでいるように聞こえないように、話の流れが自然に聞こえるかどうかの判断基準で、

 

①に関しては、商品自体が魅力的に聞こえるかどうかの判断基準で、

 

ロープレ音声を録音した後に、自分で聞いてフィードバックをしました。

 

 

 

自分でフィードバックをした結果、

 

 

②に関して話の流れを自然に聞こえるかどうかという点は、商品説明に絡めながら相手のニーズを突っつく話しているので非常に自然に聞こえるのですが、

 

相手がおっ!っと思ったとしても話がすすすっと進んでいってしまうので質問するタイミングがなくなってしまうかと感じました。

 

なのでもう少し、フックをかけたあとは、間をあけながら話をしたほうが良いと感じました。

 

 

問題は①に関してです。

わかりやすく聞ける商品紹介ではあるものの、お客様の目線で聞いたときにそんなに魅力的に感じないしワクワクしない。

 

そもそもお客様は商品ではなくて、商品が生み出す結果を求めていることは言うまでもないので、商品の説明に興味を持てないのは仕方がなくて、

 

結果自分にどんなメリットがある、という話が後半に集中しているので

ワクワクしてもらうためにはお客様のメリットの話をもっと前半部にぶち込んでいったほうがいいかもしれないと感じました。

 

 

実際に商談音声を聞いていただいているわけではないので、読んでくださっている方はイメージしづらいですね。

すみません。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。