読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡人営業マン日記。~トップ営業マンへの道のり~

トップ営業マンを目指す凡人営業マンが日々の学びをアウトプットしていきます。

商談フィードバック

 

日付詐称です。すみません。

 

先日、上司とジョイントワークで実際に商談を聞いてもらってフィードバックをもらいました。

 

・喋るのが早い

・何喋っているかわからない

・質問の投げ方が雑
・ニーズ喚起のタイミングを逸している
・何も見せないまま話しているから、想像しにくそう
・自分の喋りたいことだけを喋るな

・競合との差別化、商談開始5分でミスってる
・話が長い上に、結論のない話が多すぎる
・話のポイントが右往左往する
 → 目的からの逆算をしておらず、ずっと積み上げで話しをしているので、ポイントがずれてしまう

 

以上のフィードバックをもらいました。

 

次回のコミットメントとしては、

 

・喋るのが早い、何喋っているかわからない

 →テンパらずに、とにかくゆっくり話すことを意識する。

 

・質問の投げ方が雑

 →自分の言いたいことは全部質問をして答えてもらえるようにする。そうすれば、どうやって話したら自分のほしい答えが返ってくるのかをより考えて話すので、質問の投げ方も丁寧になるのではないか。

言いたい答えが返ってこなかったら、「なぜ?」と深堀をしてそこから議論が始まるのでより一層〇。

 

・何も見せないまま話しているから、想像しにくそう

 →画面を見せながら話す。

 

・ニーズ喚起のタイミングを逸している

 →今回どこで逃しているのかわかったので、そのポイントでニーズ喚起をできるように質問をする。

 

・自分の喋りたいことだけを喋るな

 →事実から「相手が悩んでいるのではないか?」と推測できることがあるので、その推測できる内容を話に加えていく。

 

・話が長い上に、結論のない話が多すぎる

 →この話で何が伝えたいのかを整理すること。相手が?の顔をしていたら、こういうことが伝えたかったんですと言ってしまう。

 

・話のポイントが右往左往する(対策できない)

 -目的にたどり着くための必要条件を把握していない可能性が高いので、”目的から逆算とはどうやって行うのか”上司に再度質問をすること。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。