読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡人営業マン日記。~トップ営業マンへの道のり~

トップ営業マンを目指す凡人営業マンが日々の学びをアウトプットしていきます。

楽しい体験

こんばんは。

 

今日は朝飯田橋でHPの写真撮影を行った後、

八王子でアポでした。

年末の紅白歌合戦和楽器バンドを見てから少し気になっており、

アポが終わって帰ってきてからは、youtube和楽器バンドの曲を聞いてリラックスタイムをとっておりました。笑

 

 

さて、昨日のことなのですが、ふと商談中に、

仕事において”楽しい”と感じる行為

に気づくことができたので、そのことについて書きたいと思います。

 

 

昨日の夜の商談は二回目の訪問で、

HPを解析するフェーズ。

 

いつもの如く資料を作成し、

現状の課題を改善する戦略を立案してお客様に話をしていました。

 (※戦略自体は営業の上司にFBをもらったものですが)

 

非常に自分の主張が強い先生だったので、

僕が出した戦略に対して真っ向から意見が飛んできます。

 

 

僕もその意見を鵜呑みにするのではなく、

まずは現状をヒアリングしなおしました。

 

そしてそのヒアリング結果を基に、

”それだったらこっちの方がいいのではないか?”

と医院の目的のことだけを考えてお客様と真っ向から議論することができました。

 

 

今回の気づきを得ることができたのはそのやり取りをしている最中です。

 

やり取りの最中に高揚感を感じていたので、”あれ?”と思ってふと冷静になり、

 

医院の目的を達成するために、相手に自分の意見を主張して、

相手とあーでもないこーでもないと議論しながら、

自分の頭で考えて戦略を立てている。

 

という行為を僕は楽しいと感じているんだなと気づくことができました。

 

 

今思い返すと、それはアフェリエイトMTGをしていた時も同じで、

 

目的を達成するために、自分で考えたことを発言して

相手と議論しながら、より良いものにしていく

 

というやり取り自体を僕は楽しんでいました。

 

なぜこのような気づきを話したのかというと、

前回上司からのアドバイスで、

”行為自体を好きになる”ということが成長のカギになるという話をしていただいたおかげで、自分が楽しいと感じている瞬間はどんなときなのか?ということ日ごろ探っていたからです。

 

今まで受注以外の瞬間で、

自分が楽しいと感じている場面を知らなかったので、

自分にとって良い気づきができたなと思って書きました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。