読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡人営業マン日記。~トップ営業マンへの道のり~

トップ営業マンを目指す凡人営業マンが日々の学びをアウトプットしていきます。

東京へ

こんばんは。

 

愛知への帰省を終え、

東京へ帰宅中です。

 

今回の帰省では、

社会人になった同期の価値観に触れたり、

歯科の勉強をさせてもらったり、

良い意味でも悪い意味でも、様々な刺激をもらうことができました。

 

実家では、

家を建て替えるということだったので

その荷物の移動などで、労働力として貢献してきました。笑

 

 

現在、友人とアフェリエイトの計画を立てていますが、

ホワイトニングの商品のCVを狙っていこうと思っています。

 

そのために、友人などを通してヒアリングをしているのですが、

自宅で行う市販のホワイトニングは

顕在的にも潜在的にもニーズとしては

かなり存在しているのではないか

と感じました。

 

 

なぜそのように感じたかというと、

実際に22歳~23歳の友人と歯の話する際に、

大体歯に関して興味を持つきっかけは、

 

・歯が虫歯になった

・親知らずが痛い

・ホワイトニングに興味がある

 

くらいでしか話が出てこないという自分が蓄積してきたデータがありました。

 

ただ「ホワイトニングに興味がある」けど、

実際にはホワイトニングをやっている人は、

モデルを始めたとした、美意識が高い女の子くらいしかほとんどいません。

 

なぜホワイトニングに興味があるけどしないのか?と聞いた際に、

返ってくる理由は、

 

・金額が高い

・歯科医院に行くのが手間

 

という理由がほとんどでした。

 

逆にギャップがあったのが

 

・痛いのが嫌だ

 

というニーズが出てこなかったことです。

そもそも、ホワイトニングは痛いということは、

デンタルIQが高い人ではないと知らないようです。

 

 

セルフホワイトニングでは、

この二つのデメリットを解消できることから、

SEOさえうまくいけばですが、

ホワイトニングには興味はあるが、

デンタルIQが低く、お金に余裕がない人に対しては、

CVまでは発展しやすいのではないかと感じました。

 

 

実際に現状では仮説でしかないので、

やってみないとわかりませんし、

SEOがうまくいかないとどうしようもありませんが、

チャンスがあるな、と希望が出るデータ収集でした。

 

まだデータの数が少ないので仮説も変わるかもしれませんので、

引き続きデータ収集をしていきます。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。