読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡人営業マン日記。~トップ営業マンへの道のり~

トップ営業マンを目指す凡人営業マンが日々の学びをアウトプットしていきます。

酒々井プレミアムアウトレット

 

こんばんは。

 

 

最近の土日はタスクをこなしたり勉強することが多かったのですが、

昨日は久しぶりに大学の友達と遊ぶため、

昨日は昼から千葉に行っていました。

 

 

千葉県で真昼間から何をしていたのかというと、

千葉県印旛郡酒々井町という千葉駅から車で1時間くらいの場所にある、

酒々井プレミアムアウトレットという場所に友達の車で行っていました。

 

www.premiumoutlets.co.jp

 

運営会社は、三菱地所とSimon Property Groupの2社による合弁会社で、

御殿場や僕の地元:愛知県から近い岐阜県の土岐、など全日本で9アウトレットを運営しているそうです。

 それ以外にもアメリカや韓国など海外各地でもかなり多くのスタイルでアウトレットモールを運営しています。

 

今回僕はそもそもアウトレットに行くこと自体久しぶりだったのですが、

周りに何もない酒々井という田舎にも関わらず、かなり多くの人が来店していました。

 

 

お店は男物だと、

一番高い価格帯の店でダンヒルDIESELなどの高めの価格設定のブランドショップも少し入っていますが、アウトレットということもありそれらのブランドショップも大割引、

またnano universeやAmerican eagleなどの、元々の価格設定が5000~10000円のお店でさらに割引をして5000円以内で服が買える、というお店がほとんどです。

 

またそれ以外にも女性ものの

一番高い価格帯の店でMICHEL KORSなどの手軽に買える若い子向けブランドショップも少数はいっているとともにSLYなどの若い子が着るような服屋さんもあれば、

 

一番高い価格帯の店でポロラルフローレンで、

メインはGAPをはじめとする安いお子さん用の服を売っているお店もかなり多く見受けられたことから、

 

土地柄に合わせて

”休日に服を買いに来ることを目的とした、

比較的年代が低く、あまりお金を持っていないファミリーもしくは若夫婦”

 

がターゲットになっているのではないかと感じました。

 

 

また素晴らしい点として、フロア全体が横に長ーい構成で作られているのですが、

両端にカフェを配置しているなど、

どの服を買うのか迷っていながら端から端まで歩いたときに、

”じゃあ休憩しながらいったん検討しようか。”ということをできる場所を置いてあるのは良い心使いだなと感じました。

 

 

せっかくこういう場所に行ったので、この前アドバイスをいただいたように

僕なら売上が今よりも拡大している状態を目指すとしたら、

どのように経営をしていくのかと考えていたのですが、

 

せっかく競合が少ないマーケットに位置しているからこそ、

ただ単に買い物を目的とする以外の顧客を呼ぶ手段があってもいいのではないかと感じました。

 

例えば、全体で2500台収容できる駐車場スペースを持っていて、8ブロックある内の1ブロックを閉鎖している状態なので、

そのスペースを使って肉フェスみたいなイベントを開催しても面白いかもしれないですし、

 

駐車場の場所を使わなくても新たにスペースを設けて若夫婦が買い物以外にも楽しめるように映画館があってもいいかもしれないなと。笑

またはイオンみたいに帰りの晩御飯を買っていけるようなスペースがあってもいいかもしれないですね。

 

後は抜本的に売り上げを拡大するということにはつながらないかもしれませんが、

ベンチの空きスペースに買い物客が腰を掛けているということが少なかったので、

もっとカフェの数を増やしたり単純に自動販売機の数を増やしても買い物客にとってはすごし安い空間になるのではないかと感じました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。