読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡人営業マン日記。~トップ営業マンへの道のり~

トップ営業マンを目指す凡人営業マンが日々の学びをアウトプットしていきます。

本当の、患者様第一の医院

 

こんばんは。

 

 

今日は土曜日なのですが、

自由が丘にある先日お付き合いをし始めた歯医者さんに、

歯の治療と、契約書の巻きなおしで訪問をさせていただきました。

 

 

初めにお断りしておきますが、

宣伝をしたいわけではなく、

業者としてではなく治療を受けた全くの個人として、

”本当に素晴らしい歯科医院だな”と感じたのでここで書かせていただきます。

 

 

名前を出しても先生に怒られないと想像して、

名前を出させていただくと”自由が丘ブライト歯科”という開業して

3年が経過した医院です。

 

 

僕が素晴らしいと感じたのは、

 

先生やスタッフさんの”患者様に対する姿勢”です。

 

歯科治療の技術は、僕は素人なので正直言ってわかりません。

 

 

どんな姿勢が素晴らしいと感じたのか、詳細に説明させていただくと、

先生の患者様とのコミュニケーション量が圧倒的に多く、

心の底から患者様第一の精神で先生の心が出来上がっています。

 

 

コミュニケーション量としては、

 

 

メンテナンスで来院しても、初めの説明は先生が行います。

医院様によっては、

メンテナンスなら衛生士さんに、やっといて~とすべてお任せすることも多いです。

 

治療中も雑談を挟んだり、人を見て冗談を挟んだり、

どんな治療でも、歯科業者の僕に対してでも治療後のイメージやリスクの説明なども含め、具体的な説明は一切怠りませんでした。

 

患者様とのコミュニケーションにおいて最も「この先生はすごいな。」と感じることとしては、

治療が終わって待合室で患者様が待っているときに、忙しい中で本当に短い時間だとしても必ず先生が治療の合間を見つけて待合室に戻ってきて、

患者様に今日の治療の説明と今後の説明と、雑談を欠かさず行っていることです。

 

以前商談でご訪問させていただいた際も、先生はその日の治療が終わって待合室でまっている患者様全員に話しかけていたのですが、たまたま長く通っている患者様なのかなと感じていました。

しかし、そのあと何回商談で訪問しても患者様全員に声をかけていたり、

今日治療で訪問してみても、

治療が始まる前に待っている際に僕の隣で問診票を書いていた初診の患者様に対しても同じことを行っているのを見て、

先生が来てくださった患者様全員に対して同じことを行っているんだな、

と確信して本当に素晴らしい先生だなと感じました。

 

 

心の底から患者様第一の精神としては、

 

 

自費診療に発展しそうな治療でも保険診療で対応してしまいます。

これは経営的に見て、本当にベストな選択なのかはわかりませんが、

先生はすぐに「保険でいけるから、保険にしましょう。」と言ってしまいます。

 

 

例えば、僕は前歯が隙っ歯なので、

間を埋めたほうが見栄えが良くなるのでは?という話になりました。

僕は審美性を重視していることから、

審美性や機能性を考えるとセラミックがベストなので、

セラミックを薦める形になるのかと思いきや、

”レジン(保険治療)で、歯の表面を透明性が高いもの、裏側を不透明性の高いもので重ねることによって光が当たった時でも色がほかの健全歯と変わらず白く見えるから、保険で十分なので保険で十分ですよ。”と先生からアプローチがあった際には、

自分の利益よりも患者様のことを第一に考えている先生なんだな、と心から信頼できました。

ほかにも、実際にお仕事で提案をさせていただく際にも、

”それは本当に患者様のためになるのかどうか”

という言葉が先生の口から終始出てきたことを考えると、

本当に心の底から自分のことよりも患者様を優先して考えている先生なんだなといえると思います。

 

 

実際にいろんな歯科医院様を訪問させていただいて感じることとして、

なかなか先生自身の口から”患者様のためになるのかどうか”という言葉が出てくることは少ないです。

そういう面からも、先生の患者様第一の精神を感じることができました。

 

 

またこの面でも最も素晴らしいと感じたのは、

赤字覚悟で800万円の歯科ユニットを温水が出てくるようなドイツ製の歯科ユニットを使っていることでも、歯科器具一つ一つを滅菌後真空の独自の袋で保存されていることではなく、

患者様に提供する治療すべてを、”先生とスタッフさん達のご自身”で必ず体験をしてから提供することを徹底していることです。

 

 

例えばアメリカ発の、より過酸化水素(この成分が歯を白くしてくれます)が濃度が高いホワイトニング薬剤を導入する際に、

自分やスタッフさんたちで実際に薬剤を使って歯にどのくらいしみるのか?どのくらい歯が白くなるのか?という実験と効果検証を行ってから患者様から要望があった際に提供するようにしているそうです。

先生ご自身でも、奥歯に四本インプラントを入れてみて、そのメンテナンスなども自身で経験した上で、患者様にご説明するようにしているそうです。

 

 

現状でここまでしている医院はなかなか少ないのではないかと思います。

上から目線のような発言になってしまって申し訳ございませんが、

今後、患者様が治療をきっかけに歯科に対して興味を持ち、

一人一人が歯の痛みを治すだけではなく、

定期的に予防をしていかなければいけない…という感情になっていくためにも、

他の歯科医院様もこの医院みたいに、

素晴らしい医院ばかりになればなぁ…と感じています。

 

 

最後にはなりますが、

今日お話ししたことはお付き合いをしている歯科業者としてではなく、

あくまでたった一人の患者としての目線から、この内容を書こうと思いました。

宣伝をしているように感じられてしまっては、

これだけ患者様のために取り組んでいる先生に申し訳がないです。

 

 

なので、リンクを載せたりは一切しませんでした。

この歯科医院に興味を持った方は、

「自由が丘ブライト歯科」と検索すれば出てきます。

 

 

今後歯科医院に通われる患者様が、

当たり前にこのような素晴らしい先生のところに通えるようになるためにも、

僕もWEBの勉強を頑張ります。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。