読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡人営業マン日記。~トップ営業マンへの道のり~

トップ営業マンを目指す凡人営業マンが日々の学びをアウトプットしていきます。

フィードバック”売りたい欲”

こんばんは。

 

今日は朝8時~夜20時までの12時間、

上司と4つのアポイントをこなしながらジョイントワークをしました。

 

実際に僕がしゃべったアポは1つで、

HP解析の期待値の、初訪のアポで話をしました。

 

 

その中のフィードバックの一つとして、

 

・売りたい欲が出てきてしまっている

 

といういつもの課題のフィードバックをいただきました。

 

 

帰ってきてから彼女ともいろいろ話しながら、

なぜ意識していても、気づけば売りたい欲が出てきてしまうのか?

ということを考えました。

 

 

なぜ売りたい欲が出てきてしまっているのか?その原因は、

 

”今目の前の利益にばかりにとらわれる”

 

ことなのではないかと考えています。

 

 

なぜ”今目の前の利益にとらわれてしまう”のか?

 

その考えを生み出してしまうのは、

自分の日常生活からの性格やそこから生まれる考え方に問題があるのではないかと考えています。

 

 

僕の性格としては、

”わからない将来のこと”よりも”目の前にある今”を重視する傾向にあります。

 

 

例えば、飲み会でもその場のノリを大切にしすぎて、

その先のことを考えずに失敗…ということが多々ありましたし、

作業に集中しすぎて、次の日の起きることまで考えずに寝坊、

という失敗もしました。

 

 

しかし、現状でその先に起こりうる可能性があることを知っていてそれがどれだけ重要なのかということを知っていれば、

”目の前にある今”よりも”その先のこと”をしっかり重視できています。

 

 

自分目線の話で申し訳ないのですが、

つまり、現状で”目の前にある今”を逃したら、”次が来ないのではないか”という心配から、

”目の前にある今”を重要視しすぎて、ネタにあげようとか売ろうという欲が出てきてしまうのではないかとかいうことを考えました。

 

 

その商談の間は、”次が来ないのではないか”という不安をぐっとこらえて、

商品の売り手として次の段階を目指す者ではなく、

先生のお知り合いとなった1人間として、

”ただその人ために、今何ができるのかだけを考え行うこと”が、

結果としてお客様が次またお役に立たせていただける時間をくれることにつながる

ということを理解しておけば、

上記の不安に再度襲われる可能性は低くなり、

売りたい欲はなくなって、売らない姿勢でいられるのではないかと考えました。

 

 

再度までお読みいただきありがとうございました。